So-net無料ブログ作成
イライラしない考え方 ブログトップ

槇原 敬之 『僕が一番欲しかったもの』 [イライラしない考え方]

TVのEXILE魂で、ATSUSHIと槇原くんがコラボした曲・・・、

私、正直、知りませんでした、『僕が一番欲しかったもの』

ATSUSHIが、曲を創る上で、すっごく影響を受けた曲と紹介され、興味津々、、、

♪ ♪ ♪

そして・・・、涙[もうやだ~(悲しい顔)]

こういう直球、結構弱いです、、、

どうしても、自分が得をしたい! って気持ちが強くなったりするけど・・・、

この歌の様に、人の役に立てて、その人の笑顔が・・・、

なんて、歌われると、自分が恥ずかしいような、哀しいような・・・、

でも、『人の役に立てる事が幸せ!』

そう考えられる様になれば、きっと、イライラもしなくなるんだろうなぁ~。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

急がば回れ? [イライラしない考え方]

年明けから・・・、

びっくりするぐらい仕事が増え・・・、

ほとんど、まともに休めない日々・・・、

でも、救いなのは・・・、

仕事が上手く行かなくて・・・、ではなく、

取り組んできた事、その多くで、成果が出たための忙しさ・・・、

成果が出る事、必要とされる事は嬉しい事・・・、

でも、こうも休めず、帰宅も遅いと、さすがに心も身体も疲れ、イライラする事も多くなる。。。

そうなってみて、あらためて思うのは、『急がば回れ』との言葉。

焦って、中途半端にこなしても・・・、

焦って、中途半端な支持・依頼をしても・・・、

結果、出戻りが多くなり・・・、

結局、自分の首を絞めることに・・・、

忙しい時ほど・・・、

時間が無くて、焦っている時ほど・・・、

一つ一つ、手を抜かず、丁寧に仕事を進めた方が、後でかえって楽になる・・・、

そう、身をもって実感しています。。。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第三者置換法? [イライラしない考え方]

上司などからは・・・、

『相手の立場になって考えろ!』

と、言われるものの・・・、

なかなか、相手の立場(気持ち)にはなれず、モンモンとしていた頃、取入れた手法です。

(そもそも、考え方や、価値観が違うから、相手が理解できなくなるわけで、簡単に相手の立場になれるなら悩まない?)

その手法が、『第三者置換法』

これは、どちらかと言うと、「俯瞰的に考える」に近い考え方で、

『自分や相手の言動を、そこに立ち会った「第三者」として、少し離れて振り返ってみる。』

と言う事です。。。

2011-1205 blog.jpg 

絵にすると、こんなイメージ↑

この手法、人によっては難しいみたいですが、

私は、こうする事で、イライラせずに打合せなどを振り返る事ができました。

宜しかったら、試してみてください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

一日の終わりに反省しない? [イライラしない考え方]

今回は、『超訳 ニーチェの言葉』から、引用(紹介)したいと思います。

~ 一日の終わりに反省しない ~

「仕事を終えて、じっくりと反省する。

一日が終わって、その一日を振り返って反省する。

すると、

自分や他人のアラが目について、ついにはウツになる。

自分のだめさにも怒りを感じ、あいつは憎たらしいと思ったりする。

たいていは、不快で暗い結果にたどりつく。

なぜかというと、冷静に反省したりしたからなどでは決してない。

単に疲れているからだ。

疲れきった時にする反省など、すべてウツへの落とし穴でしかない。

疲れているときは反省をしたり、振り返ったり、ましてや日記など書くべきではない。

活発に活動しているとき、何かに夢中になって打ち込んでいるとき、楽しんでいるとき、反省したり、振り返って考えたりはしない。

だから、

自分をだめだと思ったり人に対して憎しみを覚えたりしたときは、疲れている証拠だ。

そういうときはさっさと自分を休ませなければいけない。」

そして・・・、

『疲れたらたっぷり眠れ』

と、言葉は続きます。。。

実際・・・、

イライラした時も、じっくり、沢山眠ると、結構、気持ちが収まっていたり、

小さな事に思えてきたりするものです。

『イライラしたら、栄養を摂って沢山寝る』

安易な感じですが、なかなか効果的です!!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

相手の価値観を受け止める、 [イライラしない考え方]

イライラする原因の一つに、

『価値観が違う』 と言う事も多いですよね?

仕事においても、何を優先するのか・・・、

精度よりも、時間に間に合わせる事が優先か、

逆に、とにかくきちんとこなすけど遅いとか・・・、

(たまに、「精度も悪いし、時間にも間に合わないけど、定時がきたら帰る」強者もいるけど・・・。)

こんな一概にどっちが良いとも言えない事でも、イライラの原因になるものです。

でも、これって、その相手の育ってきた環境、親の性格、はたまた宗教?等々、

色々な要因が重なってできあがったものなので、なかなか思い通りにはなりません。。。

そこで私は、「海外旅行でもしている気持ちで、一旦、相手の価値観を受け止めてみよう!」

と考える様になりました。

相手が同じ日本人だと思うから、自分と同じような価値観を押しつけてしまうのだと思います。

相手が中国人だったら・・・、

相手がアラブ人だったら・・・、

ちょっと極端かもしれないけど、

きっと、日本人としての、自分の価値観を押しつけることなく、

「どうしたら共存していけるか?」 を考えるのではないでしょうか?

まずは、そこから・・・。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

上司を部下だと思え? [イライラしない考え方]

これは以前勤めていた会社で感じた事です。

社会人一年目として勤務した会社、そこには、ビックリする上司がいました、、、

何が驚くかと言うと、、、

入社早々、、、

「ちょっとお客様のところに行ってきてくれない?要望を聞いてくるだけで良いから・・・」

と、とある会社に出向くと、いきなり、「一体、いつまで待たせるんだ!今日は直るまで返さないからな!!」

と怒られ、訳も解らず軟禁状態。。。

2時間ぐらいやりとりし、何とか機器の応急処置をして許してもらい、帰社したら、、、

「大丈夫だったぁ~?」と暢気な問いかけ[むかっ(怒り)]

流石に、切れそうになりました!!

その他にも、、、

業者さんと打合せした内容を、勝手に変更し、しかも、その事を私に伝えなかったり・・・、

打合せしてきたから・・・、と言われ、一応相手に確認したら、全く違っていたり・・・、

初めは、私に対してだけそうなのかと思ったけど、、、

どうやら、まわりの皆も、同じように感じていました。。。

でも、唯一の上司・・・、無視するわけにもいかないし・・・、

そこで、その時考えたのがこれ・・・、

『上司を部下(後輩)だと思え!』 でした。

上司だと思うから、怒りが倍増・イライラするのです。

部下だと思い、自分がOJTだと思い込めば、かなりの部分が許せました、、、

私がきちんと段取りし、その上司が解りやすいように、そして、役割を間違えないように、きっちり書面化したり・・、

成果の花道はその上司に歩ませ、私は裏方としてドロを被ろう・・、

そんな、生意気な事まで考え、行動しました。。。

するとどうでしょう、、、

イライラは消えていました!

上手く行かなくても、「そうか、今回は、ここでの配慮が足りなかった!次はこうしよう!!」

とか、次の事を考えるのが楽しく、一生懸命だったからです。。。

上司には、ついつい多くの事を求めてしまいます。。。

自分の事は、褒めて伸ばして欲しいとか、、、

的確に、かつ、短めにアドヴァイスして欲しいとか、、、

ある時は、父親の様に、また、ある時は、兄や友人の様に接して欲しいとか、、、 

とかく、理想が高くなってしまいます。。。

でも、相手も人間です、完璧な人なんていません、、間違う事もあるし、気分が優れないこともあります。

だからって、いちいち過剰に反応し、イライラ・ストレスを抱えながら仕事するのは身体に悪いですよね!

だから、考え方を変えたのです、

そう考えるようになってから、前向きに、仕事・上司にむかえる様になったのです。

(今の会社では、こんな事を考えなくても大丈夫ですけどね。。。)

ちょっと、極端ですが、お悩みの方は、試してみてください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イライラって何処から生まれてくるの? [イライラしない考え方]

これまでの短い?社会人人生に於いて、、、

イライラした時に、それを解消してきた手法について、

コラム形式で、、、思いつくままに掲載していきたいと考えています。

(月一で掲載できればベターなのですが・・・、根拠は全くないけど・・・、)

まず1回目は、『なぜイライラするのか?』を考えてみたいと思います。

実はこれ、今日の飲み会中に思いついたのですが・・・、

イライラって、自分が思っている事(理想としている、基準のようもの)と、

現実(周囲の対応、期待)にギャップがあるから生まれてくるのではないでしょうか?

一つは、「もっと良くできるはず!」という、向上心から、生まれるのだと思うし・・・、

逆に、自分の気持ちよりも、周囲の期待が上回っていても、イライラは生まれてくる・・・。

でも・・・、そのどちらも・・・、

自分が自分や周囲の人に・・・、また、周りが自分に対して抱く期待、、、

そのギャップに対する感情なので、この感覚はとても重要な気がします。

「イライラ=期待感のギャップ」

こう表現し直せば、イライラを数値化し、かつ、コントロールできそうな気がしませんか?

次回以降、具体的事例も含めて、掲載していきたいと思います。

続く・・・、


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
イライラしない考え方 ブログトップ
メッセージを送る