So-net無料ブログ作成
検索選択

辻井伸行&オルフェウス室内管弦楽団~圧巻のベートーヴェン~ [観賞]

久しぶりに聴いてきました♪

2016-0607.jpg

最近、仕事(〆切)に追われ、心のゆとりと健康を損ねていた私・・・、

ここにきて、謎の腹痛に襲われ、普通に歩く事もままならなかった妻・・・、

直前まで、コンサートを諦めるか検討しましたが、やっぱり行くことにしたのです、

結果、

やはり、行って(拝聴して)大正解でした!!

「のだめ」の影響で、以前から生で聴きたかった「交響曲第7番(イ長調 作品92)」を、

ニューヨークを拠点として活躍している「オルフェウス室内管弦楽団」の演奏を目の前で聴く事ができ、

その音質(空気感)に心も身体も振るえました。

そう、不思議な事に、直前までひどい肩こりに悩まされていたのに、この演奏を聴いた後、肩こりが治ったのです!

(妻曰く、リラックスしただけではなく、身体に波動が伝わり、直接コリをほぐしたのではないか、との事)

そして、辻井さんのピアノ

やっぱり今回も泣いてしまいました、、、

それも、メインの「皇帝」では無く、アンコールで弾いたピアノソナタ「悲壮」・・・、

これはズルい!

迫力あるコンサートを聴いた後で、静かに優しく「悲壮」を聴かされたら、それは、それは、泣けます、

演奏中、ふと楽団を見回すと、楽団員のなかにも何人か涙ぐむ姿が・・・、

すばらしい空気感を持つ楽団と、いつも琴線に触れるピアノ・・・、

最近失いかけていた、心の豊かさを取り戻した気がします。

そして、実は、6月19日に発表会に出る私、

今回は、ソロ、重唱併せて4曲、今日の感動を糧に、張り切って歌います♪


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る